プラチナカードの審査基準って?

プラチナカードの審査基準って?

プラチナカード審査基準は一律ではないようです。
各クレジットカード会社が同じ基準を採用しているというわけではなく、プラチナカード審査基準となる対象年齢や年収、カード利用額もそれぞれの会社で異なります。
プラチナカード審査基準は、カード会社のみぞ知るということになりますね。
ゴールドカードの上がプラチナカードとなるため、プラチナカードを欲しいと思ったらまずはゴールドカードを取得する必要があります。
それでは、プラチナカード審査基準の対象となる方は一体どんな方なのでしょうか。
プラチナカードといえば、アメリカンエキスプレスプラチナカード、という方も多いほどアメックスプラチナカードは有名ですね。
プラチナカードの代表ともいえるアメックスのプラチナカード審査基準は、年収700万円〜800万円となります。
普通、インビテーションが来てはじめてプラチナカードを持つことができるのですが、海外ではインビテーション無しでアメックスプラチナカードの会員になることができる国もあるそうです。
この場合は、プラチナカード審査基準がハッキリ公表されています。
日本では、最低年収700万円〜800万円といわれているのですが、ハッキリとしたプラチナカード審査基準は公表されていません。
プラチナカード審査基準でもっとも重要視されているのは、年間のショッピング利用額、働いている企業の資本金の多さなどです。
これをハッキリと公表しているのは、JCBプラチナカードになります。
JCBプラチナカード審査基準は、年齢40歳以上、年収1200万円以上、勤続年数10年以上の役員、管理職にお務めの方が審査の対象となっています。
具体的にプラチナカード審査基準が公表されているのは現在JCBプラチナカードくらいとなり、他のプラチナカードは曖昧な数字となっていることが多いようですね。
公表しているプラチナカード審査基準とは異なり、年収1000万円以下の普通のサラリーマンがプラチナカードを持つことも少なくないそうです。
プラチナカードを持っている方のほとんどが、クレジットヒストリーを磨いている方となるようです。

誰でも持てるカードではないのですが、ちょくちょくクレジットカードでお買い物をし、支払いを滞ることがなければプラチナカード審査基準の対象となり、守備圏内に入れる可能性は非常に高くなります。
ぜひ、この機会にプラチナカード審査基準について詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

プラチナカードと年収の関係
クレジットカードを持っているとあらゆる場面で役立ちます。便利だからこそ、しっかり理解して利用しましょう。ここでは、クレジットカードの基礎知識やプラチナカードについてを紹介しています。
プラチナカードの取得方法は?
クレジットカードを持っているとあらゆる場面で役立ちます。便利だからこそ、しっかり理解して利用しましょう。ここでは、クレジットカードの基礎知識やプラチナカードについてを紹介しています。
プラチナカードの比較
クレジットカードを持っているとあらゆる場面で役立ちます。便利だからこそ、しっかり理解して利用しましょう。ここでは、クレジットカードの基礎知識やプラチナカードについてを紹介しています。
visaのプラチナカードはどう?
クレジットカードを持っているとあらゆる場面で役立ちます。便利だからこそ、しっかり理解して利用しましょう。ここでは、クレジットカードの基礎知識やプラチナカードについてを紹介しています。
アメックスのプラチナカードはどう?
クレジットカードを持っているとあらゆる場面で役立ちます。便利だからこそ、しっかり理解して利用しましょう。ここでは、クレジットカードの基礎知識やプラチナカードについてを紹介しています。
アメリカンエキスプレスのプラチナカードはどう?
クレジットカードを持っているとあらゆる場面で役立ちます。便利だからこそ、しっかり理解して利用しましょう。ここでは、クレジットカードの基礎知識やプラチナカードについてを紹介しています。
シティのプラチナカードはどう?
クレジットカードを持っているとあらゆる場面で役立ちます。便利だからこそ、しっかり理解して利用しましょう。ここでは、クレジットカードの基礎知識やプラチナカードについてを紹介しています。
三井住友VISAのプラチナカードはどう?
クレジットカードを持っているとあらゆる場面で役立ちます。便利だからこそ、しっかり理解して利用しましょう。ここでは、クレジットカードの基礎知識やプラチナカードについてを紹介しています。
プラチナカードのランキングって?
クレジットカードを持っているとあらゆる場面で役立ちます。便利だからこそ、しっかり理解して利用しましょう。ここでは、クレジットカードの基礎知識やプラチナカードについてを紹介しています。